IIIKのモデラー三昧なフロク

  
  このページは製作中の模型、VF-1Jバルキリー(ファイター)について。 









         テーマ: 製作中 VF-1
         日時: 2013年11月15日


題: ドーサルスパイン




        





ハセガワの1/72スケール、バルキリーVF-1Jファイターを作っています。(つづき3)

バルキリーの機体中心部をさわりました。

バトロイドに変形したときに胸部と背中になるパートですね。

とくに機首のすぐ後ろの部分、ドーサルスパインは、電子機器てんこもりの

感じになるよう。。。 またまたこまかなハッチオープン工作のオンパレードです。

エッチングパーツを多用してます。今回で工作レポートはおわりです。

この後は、塗装すら仕上げへとすすんでいきます。




               投稿者: K                                     No コメント









         テーマ: 製作中 VF-1
         日時: 2013年11月8日


題: 機首の作りこみ




        





ハセガワの1/72スケール、バルキリーVF-1Jファイターを作っています。(つづき2)

今回は、バルキリーの機首部分をさわりました。

まずノーズコーンは、カットして、横に開いたままの構造にします。

で、その中に、レーダー系のメカをチマチマと工作です。たのしい・・・

コクピット側面のパネルを開口し、なかが見える部分に、

橋げた状の構造材やこまごまとしたメカを詰めこんでいます。

操縦席周辺もひきつづき、ちぴちびとディテールアップしていきすます。つづく。




               投稿者: K                                     No コメント









         テーマ: 製作中 VF-1
         日時: 2013年11月1日


題: ガトリング砲の展開




        





ハセガワの1/72スケール、バルキリーVF-1Jファイターを作っています。(つづき1)

機体下に懸架するガトリング砲です。ここも整備状態を再現します。

砲の先端は、スライドで伸びた形に。

砲身カバー中央でハッチをオープンにして、内部ディテールを作りこみ。骨格とか。

一番やりたかったのは、ガトリングの所以である3連砲身のところ。

真鍮パイプでそれらしく作って、カバーの内部に挿入します。

完成すると、カバーの前方と中央のハッチからチラッとみえるのが楽しみ。




               投稿者: K                                     No コメント









         テーマ: 製作中 VF-1
         日時: 2013年10月26日


題: 主翼のフラッペロン展開




        





ハセガワの1/72スケール、バルキリーVF-1Jファイターを作っています。

今回は、点検ハッチオープン仕様のディスプレイモデルにします。

まずは主翼から。鬼手仏心をもって、パーツを切り刻んでいきます。

バルキリーの主翼前縁フラップ、二段階フラッペロンを展開状態で

再現するため、ちまちまと工作をした状態。

もともと、上下二枚張り合わせのパーツですが、細分化して隙間にディテールを

詰めこむとそれらしく見えてきました。

飛行機モデルだと、やはり主翼は見せ場になりますね。




               投稿者: K                                     No コメント