※ 模型教室運営は2015年で終了しました。現在このサイトは、趣味のフロクコーナーのみ更新中です。

III模型教室のようすを紹介

  模型作りの学びの場です。閑静な住宅街にある部屋でひっそり?開講中。
  基本的な工作ツールは、受講人数分そろっています。



       





■教室の備品について
受講生に使ってもらう模型作りのツールや設備、アイテムについて紹介します。
当教室は3人までの少人数制で受講するシステムになっています。





■基本工作ツール
キットを組立てるときに使う基本ツール類です。これらを一式、トレ
ーに入れてお貸しします。模型用デザインナイフに、ニッパーは高精
度薄刃タイプもあります。サンドペーパーがけの基本をマスターして
もらう各種ファイルなど。
マイツールをおもちの人は持参してもらってかまいません。









■ピンバイス
使用頻度がすくなかったり高額なツール、資材はなかなか買う機会がないはずです。
ピンバイスはガレージキット製作などの場合、ほぼ必須ツールになります。セットするドリル刃径に応じた各種サイズを用意しています。


■塗料・顔料
塗料は消耗品のため、受講生に用意してもらいますが、教室にも
ひと通りの塗料・顔料・シンナー、各種添加剤がそろっています。ラ
ッカー系、アクリルエナメル系が主体で、ウレタン系、水性塗料の
在庫はありません。 
教室の講義では模型用ラッカー塗料を主に使います。各自で安
全な模型用水性塗料を使ってもらってもかまいません。








■筆(ブラシ)
手前の列のビ゜ンをひとつずつ受講生にお貸しします、平筆、小筆、高品質なコリンスキーセーブル面相筆などが入っています。セーブルのすばらしい使い心地を体感してください。







■エアブラシ
教材としての意味もあるため、教室のエアブラシはすべてオーソドッ
クスなボタン式のダブルアクションタイプです。
標準口径0.3mmが3丁、ひろい面塗装用などの口径0.5mmが1
丁、描画用口径0.2mmが1丁あります。マイ・エアブラシを持参し
てもらってもO.K.です。








■エアコンプレッサー
エアコンプレッサーは教材に適し、連続してオールマイティに使えるリニア電磁式コンプレッサーを3台用意しています。トレー付きエアブラシ専用スタンド、エアフィルターレギュレーターもあります。







■パーツもち手
塗りやすいように、また手を汚さないようにエアブラシ塗装時と、パ
ーツ乾燥時に使うクリップ付きパーツもち手です。
後ろに写っているのは、クリップでつかめないような、ガレージキット
のムクのパーツ用のもち手です。








■教室のようす
教室の奥はこんな感じです。建物の3階にあり、ベランダに面していますので明るいです。机のレイアウトはよく変わります。右上に写っているのは塗装ブース連結用フレキダクトホースです。






■作業机
アットホームな当教室の特徴のひとつ。ひろびろとしたダイニングテーブルをひとりで使ってもらいます。模型作りだと、これでも狭いくらい。木独特のあたたかみがいいですね。作業机は、高さ70cm、72cm、74cmの3タイプがあります。






■オリジナル塗装ブース(標準タイプ)
左の画像の作業机が、塗装するときはこうなります。教室のオリジナル塗装ブースを使ってもらいます。ファン径15cmでかなりの吸排気パワーがあり、ストレスなくエアブラシ塗装ができます。オリジナル塗装ブースは4基あります。






■オリジナル塗装ブース(強力タイプ)
ファン径25cmというかなりハイパワーのオリジナル塗装ブース。缶ス
プレー塗装など、とくに噴射のいきおいが強いケースで使います。
なお、塗装作業者はすべて、脱臭マスクと塗装用手袋を着けても
らいます。







■キットの保管スペース
キットを保管するためのラックコーナーです。製作中のキットはここにおいて帰ることができます。コンテナも小型から大型まで10ケースほどあるので、希望者にお貸しします。









■安全衛生用品
当教室のモットーは、「健康と安全第一。手をケガしない汚さな
い」です。できる人ほどむだに手を汚さず、またケガをしません。消
毒用アルコール、活性炭入り脱臭マスク、ニトリル手袋、綿手袋
などを用意しています。費用は、教室と受講生で半分ずつ負担し
ます。







■スリッパ
住宅ベースの教室のため、受講生には自前のスリッパを利用してもらいます。水虫感染のおそれがあるため、スリッパの共用はすすめていません。スリッパには名札をつけてもらいます。ちなみに床は、フローリングに木目調クッションシートを敷いています。








■音環境
リラックスしてもらえるよう、アイソトニックサウンドやヒーリング音楽な
どを流すことがあります。いねむり注意。(笑) 塗装中はコンプレッ
サーや塗装ブースの作動音があるので音楽は聴けません。なお、
夜間は近隣へ迷惑になるので静かに受講してもらいます。


■ジオラマ台
おまけです。ロボットメカものなどにかぎられてしまいますが、キットが完成したら飾って雰囲気をみたり、撮影に使ってもらう自作のジオラマ台です。受講生の製作モチベーションを維持してもらうためのアイテムでもあります。